薬局と薬剤師

薬剤師 求人薬剤師は専門的な知識を持ち、薬物や医薬品というものがどのような効果を持っているのかという、基礎的な科学力を持っていることが何よりも重要であるということを言う人も多いわけですが、それ以上に重要なのはコミュニケーション能力であるということが言われているわけです。

つまり、薬局医薬品というものを媒介して、利用する人に対してどのように話しかけ不安を解きほぐすのかという、人間と人間の付き合いが重要になってきているというわけです。当然のことですが、薬剤師である前に、一人の人間としてしっかりとコミュニケーションができる人でなければならないということが常に言われているわけです。

コミュニケーション能力というものは簡単に作られるものではありませんが、今の6年制度を導入している薬学部であればそのようなことは可能であると考えられます。その証拠には、かつての薬剤師は多くがしっかりと患者に対してコミュニケーションをとるということがデータにも出ているようですが、ベテランの薬剤師の中にはほとんどコミュニケーションを取らずに、薬を渡すだけというような事態になってしまっていることもあるということで、改善の余地があると言えるでしょう。薬がしっかりと効果を発揮して聞くのは当然のことですが、その上に対して人がどのように 対応するのかということが重要になってきているわけです。

また、患者側の視点から言えば薬剤師からの薬の情報を一方的に受け止めて、それを絶えず受動的に考えるのではなく、自立して医療へ具体的な参加をすることができる賢い患者というものを目指すことが必要となってきたと言えるでしょう。

薬剤師にとっては、患者自身が薬について考える機会を増やしていくことで薬の管理が楽になるというメリットも兼ね備えていると言えなくもありません。

薬剤師自身の能力が薬局の運営に大きく影響するからこそ、優秀な薬剤師は引く手あまたであり、薬剤師の求人も絶えることがないのです。