下痢止めとプラシーボ効果

薬の副作用の危険性を考えると、いわゆる「カジュアル飲み」を肯定することなどできませんが、市販薬を持ち歩いて安心するのは結構なことだと考えます。薬のプラシーボ効果は馬鹿に出来るものでもなく、例えば下痢止めなどは持ち歩くと心強い薬だろうと思います。過敏性腸症候群を持病として抱えている人は、下痢と便秘の繰り返しに悩んでいます。原因はストレスとされますが、詳しいメカニズムは解明されていません。彼らが電車に乗って会社に向かう時、車内で腹痛に見舞われることがあります。頻繁に症状が出る人は、各駅停車にしか乗れないこともあるほど大変なのですが、下痢止めがあるだけで安心して乗車することができます。

しかし下痢止めが肯定されるのは、あくまでも「お守り」としての役割や緊急時の使用に限ったものであり、気軽に飲んで良いということを意味しません。例えばノロウイルスに感染した時、下痢止めを使用するのは禁物です。薬は炎症や症状を抑えるために、身体の免疫システムの働きを抑制します。下痢止めを服用すると腸の活動が弱まり、腸で暴れているノロウイルスを体外に排出することができなくなってしまいます。下痢止めも薬である以上、その副作用は好ましくありません。出来る限り使用しない方が良いのは他の薬と同様です。

過敏性腸症候群もまた、身体の異常を知らせるシグナルです。下痢止めに頼るばかりでなく、症状の原因とされるストレスの淵源を感得することが大切です。それが現在の勤め先なのであれば、転職するのも大事な選択肢かもしれません。もちろん勇気を要する選択ですが、ストレスを処理することなく電車に乗り続ければ、いずれそのストレスが影響して大病を患うことは十分あり得ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です