胃腸薬を飲んだ状態

胃腸薬は確かに便利です。食べ過ぎたり飲みすぎたりしても、胃腸薬を服薬すれば一時的に不快感を覚えなくなり、食事を続けることができます。しかし胃の仕組みを無理にストップさせるわけですから、胃薬の効果で身体に良くないことが生じるのは、十分想像できます。
実際、胃酸はその「酸性」という武器を失い、ただの液体に変容してしまいます。するとその「酸性」で殺すことの出来ていた細菌やウイルスが、胃の中でも生き続けてしまいます。胃酸が酸性を失っている間は、口からそうした微生物が侵入し放題の状態になっているわけです。さらに、胃は食べ物からも攻撃を受けてしまいます。元々胃腸薬を飲まなければならないほど、胃には大量の食べ物が居座っているわけですから、不快感が消えたからと言ってさらに食事を続ければ、胃のキャパシティを遥に超えてしまいます。そのまま胃を圧迫し続ければ、次には胃炎が生じてしまいます。胃炎が生じても対処せずに放置し続ければ胃潰瘍に発展し、延いては胃癌が発生するというのは、子どもでも分かるメカニズムです。

我々が胃に不快感を覚えるのは、何も暴飲暴食による胃酸過多に限りません。その他、根本的に胃が機能しなくなったり、逆に必要以上に機能してしまったり、緊張したり、何らかの理由で胃酸が逆流したりすると、気持ち悪いと感じることになります。その時、病院に行けば専門家である医師が判断し、上記のような患者の症状に合わせて胃腸薬を処方してくれますが、面倒を嫌う我々は市販薬を選んでしまうこともあるでしょう。その薬は個々の患者の症状など知る由もなく、全ての症状に対して機能するよう、様々な成分を配合しています。本当に大丈夫なのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です