胃腸薬の怖さ

胃腸薬は医師のように患者個々人の症状を聞き入れてくれるわけもなく、全ての症状に効くよう、多くの成分を含んだ「総合胃腸薬」です。もちろん製薬会社も安全性を疎かにすることなく、それぞれの成分は少量ずつに抑えられています。しかし少量であるということは、どうしても効きが鈍くなりますし、その鈍さを「安全」と誤解した患者が頻繁に使用します。少量ずつとはいえ、自分の症状に関係のない成分を何度も摂取してしまえば、その副作用から逃れられるわけはありません。

確かに胃や腸の不調で気持ち悪くなると、我慢できなくなって胃腸薬を手に取ることはあります。しかしできることなら、面倒を恐れずに医療機関に向かった方が身のためです。自分に余計な成分の入った市販薬で済ませるのは余りにも危険です。どうしても病院に行けないのであれば、薬剤師が常在している薬局を見つけ出して利用しましょう。薬剤師が一番その患者に適合する薬を選んでくれます。

もちろん薬に頼らずに寝ることができるのであれば、それが最大の薬です。服薬しても実際は胃腸に負担をかけるだけなのですから、休養すること以外に根本的な治療はありません。胃腸を休める方法は言うまでもなく、第一に食べないことです。少なくとも不快感覚えている間は食べないようにします。胃の不快感は「食べるな」というシグナルだと覚えて下さい。お座なりの対処として胃薬を飲み続ければ、慢性胃炎を引き起こしていしまいます。それが胃癌のもとであることを十分認識してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です